WsSC # 

[]

Gekkoには原型師として二つの顔がある。一つ目は「メカ原型師」、二つ目は 「フィギュア原型師」としての顔だ。この多面性こそが彼の作品の特徴と言えるだろう。
'05冬よりワンフェスへ参加を開始し、メカ造形方面で活動してきたGekkoだが 00年代以降のロボットアニメ作品減少、マスプロ商品の増加により造形のネタに 悩むことになった結果、以前より興味があったフィギュア造形にも挑戦していくこととなる。
「メカ造形の道を極める選択肢もあったんですが、まだ吸収力が高いうちにいろんな ジャンルを経験しておくのもいいかなと。この活動を続けていくためには必要と感じました。 想像以上に要求されるスキルも違うし、理詰めの世界でした(笑)」
ここ数年のイベントにおいてGekkoは艦これの摩耶やSD秋津洲を発表しているが、メカ(艤装)と美少女フィギュアの両要素を見事に組み合わるスキル、「多面性という武器」を手に入れたことで原型師として一つ上のステージに上がったと言えるだろう。

多面性という点でもう一つ語っておきたいのは「富山ねんど会の主宰」である。 定期的な制作会に加え、特徴的なのが毎年9月に開催してる「富山ねんど合宿」だ。
「ねんど会が全国的に増えてきて僕らの造形は自己表現に加え、コミュニケーションツールにもなったと思います。大勢の原型師が合宿所で寝起きして交流することで 得られる経験は本当に大きい」とGekkoは語る。
これらの多面性の顔を以てGekkoという人物が完成し、WsSCへの 自薦に至った経緯も自ずと見える。 これらの顔にWsSCアーティストという新たな一面を加え、今後どのように活動していくか全力で注視していきたい。

text by Luv a Sanomasahikoskii

生まれ
幼少期より模型製作を続け、大学時代に一瞬離れるが その後ガレージキットイベントに参加したことをきっかけに05年よりワンフェスへ 参加開始。
元々はメカのガレージキットを中心に出展していたが、近年は フィギュア方面にも制作範囲を広げている。
目標はオールラウンダーな原型師。

Webサイト SCRATCH WORKS     Twitter gekko_tk

WsSC#詐称プレゼンテーション作品解説

©クロムクロ製作委員会


▲ Click!


▲ Click!

クロムクロ・バストアップモデル

from TVアニメーション『クロムクロ』
ノンスケールレジンキャストキット


商品販売価格
イベント価格 \20,000円


面構成が複雑なロボットデザインを好むGekkoにとって2016年春から送された「クロムクロ」は地元が舞台ということもあり、久々に造形欲を駆り立てられる題材に。放送中は殆ど詳細設定が公開されず、同年末に発売された設定集を確認するまで長期に渡り面構成を解析し続ける日々となりました。
まずはメカニックデザイナーである岡田有章氏のデザインラインを理解し、ディテールのクセを読み取り再現に注力。そしてデザインには描かれていない機能性を読み取り、造形の説得力を高める原型師個人のエッセンスを加えて、大スケールのバストアップモデルを鑑賞に堪えれるレベルで再現しました。
クロムクロでもっとも複雑かつ魅力的な頭部から胸部のデザイン、複数のパーツで組み合わさった内部装甲の再現を大迫力のスケールでお楽しみください。

からのコメント

皆様初めまして。Gekkoという名前で造形活動を行っています。

話が出た当初、「自分を自薦なんて・・・」と思いましたが、僕らは常に自分の作品に安くない金額を提示し、「自薦」し続けていることにふと気づき、それならこういった機会をむしろ活用しようと参加を決めました。もしこの企画が続くならそれはそれで面白いのかもしれません。イグノーベル賞的な(笑)

さて、僕は複雑な面構成をしているメカデザインが大好物です。過去には全ての色パーツに分割してカラーキャストで250パーツ以上あるメカ作品を発表していた時期もありました。残念ながら今日では作りたい題材が無くなったりタイミングを逃したりで最近はワンフェスでメカ造形を発表できていません。
そんな中2016年に放送されたクロムクロの第一報で公開された版権イラストに描かれていたメカデザインには心躍りました。しかも地元のPAワークスが作る。これは何か作りたいと。当初、資料が正面画しかなくどうせ作るなら完全に再現した立体が欲しいと資料待ちしていましたが、ようやく実現しました。

最近はデジタル造形も徐々に活用していますが、馴染みのポリエステルパテでちょっと力入れると粉々になりそうなパーツを1パーツずつ作り、パチッと組みあがった際の達成感は何物にも代えがたいです。
多分時代がどんどん変わって行ってもそれは変わらないでしょう。

これからもいいなと思ったものをずっと作り続けてイベントで発表していくのが目標です。
テンプレみたいですが、「普通」に「継続」することが一番難しいんですよね。。。