WsSC # 

[]

2017年5月、クレイグゥは趣味のサイクリング中に交通事故に見舞われ、約二ヶ月という入院期間を強いられる。
命に別状は無かったものの、鎖骨と骨盤を同時に骨折するという大事故だったため松葉杖での移動も制限され、病院のベッドに縛り付けられる日々を送っていた。その入院中の日々においても、彼はねんどを捏ね続けた。残念ながらwf2017sへの出展こそ叶わなかったが、彼はさらなる発展に備え、力を蓄え続けたのだ。
 退院してすぐの7月からZbrushによる3D原型を始め、4,5体を同時並行で作成することで猛烈なスピードでの成長を遂げた。一体目は一ヶ月半ほどで完成させるものの、造形的につまらないと自らボツに。二体目は、一ヶ月ほど進めたところで作ってる途中で飽きたためボツ。三体目にして納得のいく造形ができたため、画面内で磨き込み、DMMの光造型機で出力、届いた原型を微に入り細に入りサンディングしている。本原稿作成段階においては未完成の状態ではあるものの、クレイグゥの『魅せる造形』は健在であることを改めて認識させられた。さらにアナログ造形だった第1回WsSC #002に比べ、「重力に影響されない造形」が可能になった3Dだからこその浮遊感を加え、さらなる高みへの上りつつある。「順調に行けば」ではあるが、2017年12月に商業原型を上げ、原型製作手伝いに従事していた某社から初の商品化がされる見込みである。
 クレイグゥは、日本人離れしたオリジナリティ溢れる造形をより突き詰めてほしい希有な人材と断言する。
 全く関係ないが、最近は、ものびゃー;;に彼女ができた事を妬み、苦虫を噛み潰した顔で飲み明かしつつ、ものびゃー;;の進捗の心配をしているとのこと。

text by Luv a Sanomasahikoskii

生まれ
高校時代に美少女フィギュアを制作し、挫折。20年後の36歳頃に思い立ち、美少女フィギュア制作にリベンジを図る。
5年前頃からWFに参加し始め、クイーンズブレイド、蒼き鋼のアルペジオあたりの版権モノを中心に出典。
近年では、天啓をを受けオリジナル作品に開眼。現在はオリジナル作品のみを製作中。
第1回ワンダー詐ショウケース #002 受賞

Webサイト クレイグーの制作日記     Twitter cooggoo

WsSC#詐称プレゼンテーション作品解説

©CLAYGOO 2018


▲ Click!


羽根人

オリジナル
ノンスケールレジンキャストキット


商品販売価格
イベント価格 \8,000円
通販価格 $200ドル(予定)


注:写真は間に合いませんでした。

また、込み入った物を作りましたね・・・。

「とても表現に迷う造形」それがクレイグゥの作品の特徴でもある。
頭から生えた羽根、鋭い爪の生えた足。
成熟しつつある女性の身体。それに纏わり付く「モノ」は尻尾とも尾羽ともとれる。
微妙に膨らんだ腹部、伏し目がちな目、左手に持つ弓。
半人半妖か、顕現した女神か。
人語を話すのか、それとも・・・

色々な想像を掻き立てられ、心が騒ぐ

デジタル造形に挑戦した今作においても、クレイグゥ独特のバタ臭さは健在。造形の方向性、表現など良くも悪くもアナログ造形時とさして変わるところはないようだ。
今現在、デジタルとアナログの狭間で揺れるクレイグゥ自身が表現されているともとれるのではないだろうか。

からのコメント

今回も選出していただきありがとうございます。
楽しそうなところには顔を出したいという、お祭り気分で作らせてもらってます。
強制的に同じ卓で他の人の作品と並べられるという緊張感が、ハリになって楽しいです。

今回の作品、『羽根人』は自分では初めて全身作ったデジタル造形作品です。
数年前からZbrushというソフトを買ってチマチマ練習していたのですが、アナログ造形の楽しさに負けて放置が続いていました。
ところが、なんの因果か交通事故で一ヶ月程入院、その間にソフトが日本語対応になったということもあり、デジタルで一回作品作ろうと一念発起。
胸像やデータだけの造形を経て、出力、磨き、複製までいくことが出来ました。

イメージは大気、4大元素の中の一つを選んで自分の好きなものを素直にぶち込んで作ってみました。
空中に留まっているような、そこから静かにこちらを見る的な感じは出せたかなと思っています。

自分の中でガレージキットの醍醐味は、作る人それぞれのフニッシュによって原型を作った人間のイメージとはまた違う作品になっていくところだと思っています。
私は自分の作ったもので、楽しく製作してもらえたら嬉しく思います。