WsSC # 

[]

大型の造形を得意とするニナ造の卓を訪れた人の口からは、「すごい」「大きい」という言葉が自然と漏れる。確かに卓を訪れると、細部まで気を遣われた展示が行われており、その中心には神々しく光るエロスが鎮座している事に驚く。
 過去のWFにおいては、ラブライブ!School Idol Projectより、「1/6 東條希」「1/6 絢瀬絵里」を発表。(妬ましいことにコスプレ売り子まで用意して!)最近のWFにおいては、Fateから「1/6 Rider」や「1/6 Saber Bride」と1/8から1/12が主流のフィギュア業界において1/6と大型の作品を制作している。近年は活動の場を広げ、C3マーケットの合同ディーラー「On the Beach」において「1/6 ハマーン・カーン」を着衣・水着の2パターンで発表。忙しい本業の間を裂き、精力的に大迫力の作品を発表し続けてきた。それらの大型作品は、ニナ造が剥き出しの性欲を作品に叩き込む様が見て取れるように情熱的で官能的だが、それに反して精密でもあり、全体から細部に至るまでのニナ造のこだわりが全て包含されているように感じられる。
 長きに亘って大型作品を発表してきたニナ造だが、そんな彼にも悩みがある。本来、ガレージキットを作る事が目的でこの業界に入ってきたニナ造は、自らが欲する造形を手にするために原型制作を始めた。ところが、原型制作とイベントへの参加を繰り返してみると、半年ごとのイベントに向けた原型制作の忙しさと、それに輪をかけた本業の忙しさによって、本来、自身がやりたかったガレージキットを組み立てる事もできずに忙殺されていることに気づき、今回のwf2018wをもってディーラー活動の引退を決意したのである。そう決断した彼が、今後どういった行動を起こしていくのか、暖かく見守っていきたいと思う。

text by Luv a Sanomasahikoskii

生まれ
少年期よりガレージキットを組み立てる経歴30年以上の筋金入りモデラー。2007年にFateにハマり、萌えアニメを見始める。ほぼ同時にPVCフィギュアを買うようになり、2010年頃より造形をはじめる。
2012年からWFに出展を始め、現在に至る。
普段の口癖は「エポパテが捏ねてくれとせがむんだ」。

WsSC#詐称プレゼンテーション作品解説

©Ninazou 2018


▲ Click!








BBちゃん

オリジナル
ノンスケールレジンキャストキット


商品販売価格
イベント価格 12,000円 10,000円


BB?ベースボールの略?
え?野球好き?あ、そう・・・・・


『バッターボックスに入り勝負に挑もうとする活発な少女』
『見つめるまなざしの先にはエース』
そんな場面を切り出した本作

大型作品を得意とするニナ造の造形、ここに極まれり。「豊満な巨乳」「肉付きの良い腰と太腿」「水着の食い込み」「ピンヒール」今までの全てを注ぎ込んだ作品だ。
そこにはニナ造の熱いフェチ要素がふんだんに盛り込まれている。

『バットを構える女の子』こんな作品を製作してくるとは誰が予想しただろうか。
まさかニナ造にそんな嗜好があったとは思わなかった。

今作の『BBちゃん』を目の前にして、皆一様に首を傾けるであろう。
野球好きを名乗るニナ造が「こんな格好で野球をする美少女を作る」などありえないからだ。
そして氏の造型ではおそらく初であろうスポーツ少女らしいショートカットも興味深い。
でも、自分のチームにこんな娘いたら最高だよね!

ニナ造の「造りたいものを作る」スタンスが反映された今作。当日、卓上でバットを構える「大型」少女を是非堪能してほしい。

からのコメント

初めまして、Snakebiteと言うディーラーで造型活動をしているニナ造と申します。
今回、プロデューサーとのお話の中であれこれ話が進んで選出して頂いた運びとなりました。

自分が造型を始めたきっかけは2点。

まず、「無ければ造ればいいじゃない!」
言うほど簡単な事ではないのかも知れませんがまずはやってみなけりゃ始まらない。
最初は本当に思い通りの形にならなくて悶々としていたのですが、継続は力なり。
コツコツと進めていくとどんどん形になっていくんですね~そこが凄く楽しい。

そして、「造りたいものを造る!」
完全な自己満足です。自分がこういうのが欲しいと思ってるものをとにかく造る。
今までの作品もそうですし、造型的にも癖があって自分でも違うと思ったり似てないとも思います。
が、そう言ったピーキーさがガレージキットとしてのある意味醍醐味だとも思っています。
楽しく造る!ってことを考えるとここが一番なんですよね。

そんなこんなで今回はその思いをぶつけるべくオリジナルにチャレンジ。ってことで自分の欲しい!作りたい!盛り込みたい要素を取り入れていった作品を製作しました。
ありえない感じがいいんだよっ!

最後に どんなに造っても作品ごとに悔いも残り課題が残る、会場で他の方の作品を見ると新たな発見があり やりたいことがどんどん増える。終わらないループの中でいい意味でもがき苦しむ(マゾいね・・・。

まだまだ伸びしろはある、もっとうまくなれるのかな?
そう思うと模型という趣味を長年やってきて本当に面白いし楽しいなと思います。
楽しい!を連発してますが本当に楽しいんだよ!
これからも楽しんで造型していけたらと思います。

毎度ながら進捗カツカツだぜ~