WsSC # 

[]

前回のWsSCにおいてWsSC#001を獲得したものの、持ち前の「クズ」さ加減をいかんなく発揮し、wf2017sで新作を落とすという、事実上の産業廃棄物のような「ものびゃー;;」。
期日が迫ってくると府中の「ガイドビーコン」においてセルフ缶詰の状態を作りながら、WF原型を放り出しガンプラを製作しているのは、周知のことと思う。とにかくスケジュール管理が甘いのが彼の特徴だ。その破天荒さが彼の魅力であるが、最近はその破天荒さに磨きをかけてきている。自称”模型誌”文化ライターとして活躍している彼は、最近では週末ごとに東日本に点在する遺跡を青森・群馬・山梨・富山・長野・千葉と駆け巡り、土器・土偶の知識を収集している。ついには「縄文系の集まりがあるので」とアカデミックな面を演出しながらドヤ顔で言い放ち、普段であれば真っ先にエントリしていたねんど会(と飲み会)にも参加しない。模型ライターの経験を活かし、収集した知識をまとめ、錬成し、何らかの発表をするのかと思いきや、自身のディーラー「ものびゃー;;博物館」において、土偶の酒を配るというよくわからない行動を始める始末である。周囲の人間には、彼の行動原理は全く理解できないだろう。もしかすると、造形スタイル同様、彼自身にもわかっていないのかもしれない。それほど彼の行動は誰にも予測不能であり、その思考を読むことなど考えるだけ無駄なのだ。しかし、本原稿を書いている2017年10月の段階においても、これだけは確実に言える。2018年の年末年始、twitter上で「タスケテクダサイタスケテクダサイ(;3;)」と『ものびゃー;;の踊り焼き』を披露しているはずだ。
 今度の年末年始も進捗を監視しなければならないのは本当に残念でならない。
 鬼才『ものびゃー;;』に朝日が昇る日は来るのだろうか。

text by Luv a Sanomasahikoskii

生まれ
雷撃チンピラ王選手権金賞
オラザコ選手権大賞
近所の模型コンテスト参加賞授賞など数々の脳内コンテスト参加歴をもつ。
2014年よりワンダーフェスティバルに再度参加を始める。
自称”模型誌”文化ライター
WsSC #001

WsSC#詐称プレゼンテーション作品解説

©Monobya-;;2018


▲ Click!


遮光器(Θ3Θ)

オリジナル
ノンスケールレジンキャストキット


商品販売価格
イベント価格 14,000円 15,000円(WsSCシークレット土偶付き)
通販価格 $300ドル(予定)


注:塗装が間に合いませんでした。

『縄文美術は記憶の華である』
かつて多くの造形家たちが、「この時代」の造形に魅せられたという。
そして、今も変わらず魅了し続けている。

ガレージキット作家としてのものびゃー;;も違わず「この時代」に魅せられ、昨夏、東北青森から甲信越まで、その足跡を辿る旅に出た。
そして今回の作品『遮光器Θ3Θ』は、その研究要素を纏め積み上げた後、土台から突き崩したようなエネルギッシュな造形に仕上がっている。(はずである)
彼の造形のフォーマットとしての文字通り表裏一体となった造形は健在であり、今回に至っては「躍動する美少女」と「遮光器土偶」を組み合わせるとは、誰も思いつきはしなかった組み合わせだろう。
まるで、実在した「灼熱色をした神の化身を背負い、祈りの舞踏を捧げる美少女」の様であり、彼が縄文時代に思いを馳せ、縄文の記憶から手繰り寄せた情景を、縄文の時代から変わらぬ「ねんどを捏ね、ディテールを彫り込み、焼成し、着色する」という手法を用いて造形へ落とし込み、三千年前の息吹を現代に取り戻したのではないだろうか。
デジタルとアナログの造形が過密にせめぎ会うこの時代、情報を足で稼ぎ手で作るという縄文時代のようなものびゃー;;らしい作品である。

からのコメント

このたびも『ワンダー詐ショウケース』に選出していただきありがとうございます。
去年2月の第1回の直後に『ワンダー詐ショウケース』を本家『ワンダーショウケース』プレゼンテーション報告書に取り上げていただき、「これで自薦者が殺到しますね(^o^)」などとプロデューサーと話をしていたものの現実はうまくいかない。
やってみたいと思う人は多いものの、自薦の壁を越えてくる人は少ないようです。
このままでは企画が頓挫か?とも思われました。

この状況を打開すべく『ワンダー詐ショウケース』の規約(What's Wonder saShowcaseに書いてあります。)をよく読み返したところ、「どうやら自薦さえすればいいらしい」ということを突き止めました。 そこでプロデューサーにまた自薦していい? (;・3・)/ と手を挙げ、すんなりとOKを貰いました。

さすが企業の企画を詐称する者。怖い物知らず。何人たりとも拒まずです。

今回の選出は、このような経緯ですが本家『ワンダーショウケース』が発表された今現在、この記事を書いている段階でも原型をいじっています。
他の詐称者二人も同様らしいので、やっぱり詐称ケースに自薦するやつはろくでもねぇな(・3・) などと思いながらも作業に戻るのです。
これからラストスパート頑張りますので、みなさま当日はぜひ是非見に来てくださいね(^o^)/

オワラナイタスケテクダサイタスケテクダサイ(;3;)